Yambaru Wildlife Conservation Center
Ufugi Nature Museum

「やんばる」とは?

やんばる3村の紹介

やんばる3村とは

 沖縄島北部のやんばる地域には、国頭村、大宜味村、東村の3村があります。面積は3村合わせて約340k㎡で、これは日本全体の国土面積約377,930 k㎡の約0.1%です。3村合わせて1万人余りの人々が暮らしています。このわずかな地域に、多くの固有種を含む、たくさんの生きものを育むやんばるの森があります。
 やんばる3村地域に占める森林の割合は、約75%以上となっており、これは県全体での値(約46%)と比較すると非常に高い割合です。また、やんばる地域では那覇などの沖縄島南部に比べて降水量が多く、沖縄県の中南部の都市部への水がめとしても重要な役割を果たしています。

やんばる3村

くにがみそん国頭村

 国頭村は、沖縄本島の最北端に位置する村です。村の総面積は194.8k㎡で、村土の大部分が山林原野で占められており、与那覇岳(503m)、伊湯岳(446m)、西銘岳 (420m)等の山々が連なっています。
 村内には、ヤンバルクイナやノグチゲラなど多くの固有種・希少種を含む野生生物が生息しており、沖縄海岸国定公園、5か所の鳥獣保護区や与那覇岳天然保護区域が指定されています。

国頭村

おおぎみ宜味そん

 大宜味村はやんばる地域の西側に位置する村で、17の集落(字、区)があります。村の総面積は63.4k㎡で、村中央部には、ネクマチヂ岳(317m)、塩屋富士(360m)等の石灰岩の山があります。また、塩屋湾及びその周辺は大保鳥獣保護区に指定されています。
 大宜味村は、長寿の村として知られています。村の主要産業はシークヮーサーを主な特産物とした農業です。また、きじょか喜如嘉集落では、古くからの伝統工芸品であるばしょうふ芭蕉布が現在も生産されています。

大宜味村

ひがしそん

 東村は、やんばる地域の東側に位置し、6つの集落(字、区)があります。村の総面積は81.7k㎡で、村北部地域を中心として村域の約72%を森林が占めています。また、げさし慶佐次のヒルギ林は沖縄本島で最大の面積を誇るマングローブ林です。パインアップルの生産でも知られています。

東村