Yambaru Wildlife Conservation Center
Ufugi Nature Museum

やんばるの自然を守る

外来種対策

マングース

マングースとは?

 マングースは、アフリカからインド、東南アジアにかけて分布する小型の肉食ほ乳類です。現在沖縄島で見られるマングース(フイリマングース)は、明治時代末(1910年)に、沖縄県内にハブや野ネズミ退治のため、バングラデシュから移入されました。那覇市周辺に十数頭が放され、数を増やしながら北上し、やんばるの森にも侵入しきました。2003年の調査結果では、沖縄島に約3万頭ものマングースが生息していると考えられています。2005年度に外来生物法にもとづく特定外来生物に指定されました。

マングース
マングースの分布を示した図

マングースが引きおこす問題

 やんばるには、もともとマングースのような肉食のほ乳類はいませんでした。そのため、やんばるの生きものはマングースのような肉食動物から身を守るすべを持っていません。このままマングースが増えてやんばるの生きものたちが食べられ続けると、生態系のバランスはくずれ、やんばるの森らしさは失われてしまいます。やんばるで捕獲したマングースの食べ物を調べた結果、昆虫やトカゲ、鳥など様々な在来生物(もともとその場所にいた生きもの)が食べられている事がわかりました。下の写真は実際に食べられた在来生物のほんの一例です。

ノグチゲラの羽
ホントウアカヒゲの羽
オキナワキノボリトカゲの骨
ハナサキガエルの骨

取り組み~マングースの防除~

 環境省と沖縄県が協力して、主に国頭村、大宜味村、東村でマングースの捕獲を実施しています。また、沖縄県などが中南部に高密度に分布するマングースの北上を防ぐため、大宜味村塩屋から東村福地ダムにかけて、マングース北上防止柵を作りました。現在は第2期沖縄島北部地域におけるマングース防除実施計画に基づき、この柵の北側で重点的に捕獲し、2022年度末までに、柵の北側からマングースを完全排除することを目標としています。
 マングース捕獲わなの設置数や設置日数を年々増加させ、2003年度以降、マングース捕獲数は500から600頭で推移していましたが、2009年度から年々捕獲数と捕獲地域が減少しています。つまり、マングースの個体数が減少し、分布拡大も抑制できていると考えられます。

R1マングース捕獲地図
マングースの捕獲地域(令和元年度)
マングース捕獲数グラフR1まで
マングース捕獲数の変化

マングースバスターズからのお願い

 マングースの捕獲作業チームとして、「やんばるマングースバスターズ」を結成しました。バスターズは月曜日から土曜日まで毎日わなの点検をしています。わなは捕獲した動物を生きたまま捕まえるわな(カゴわな)と捕獲した動物を殺してしまうわな(筒わな)を在来生物の分布状況に合わせて使い分けています。
 車道沿いに加え森林内にもわなを設置しています。そのためマングース捕獲わなを見かけることが多いかも知れませんが、危険なため、わなには絶対に触らないでください。

マングースバスターズのロゴマーク
カゴわな
筒わな

在来生物の混獲について

 マングースを捕獲するためのわなに在来生物がつかまることを「こんかく混獲」と呼んでいます。やんばるには雑食性のオキナワトゲネズミやケナガネズミ、地上で餌を探すことが多いアカヒゲや地上で生活しているヤンバルクイナやリュウキュウヤマガメなどの在来生物が生息しており、これらの動物がマングース捕獲わなに混獲されることがあります。
 比較的混獲が生じやすいカゴわなを使用する場合は、毎日点検を行うことで混獲された在来生物を逃がすことができます。筒わなは、混獲される動物の種類はないのですが、特にオキナワトゲネズミやケナガネズミについては混獲を防ぐのは困難です。そのため、在来のネズミが生息していない地域や混獲が生じにくい時期に限定して筒わなを使用しています。また、在来生物が混獲されにくくするためにわなの形状やわなエサの種類を変更するなど、様々な工夫を行っています。

マングース探索犬

 マングースの防除事業が進むにつれて、マングースの個体数が減少し、捕獲しづらくなっています。そこで環境省では、2009年度からマングースやその痕跡(フンなど)を探索することができるマングース探索犬を導入しました。マングース探索犬を用いることで、マングースの分布状況を把握することができるようになり、捕獲作業と連携させることで効率のよい捕獲作業を目指しています。

探索犬

ノネコ・ノイヌ

ノネコ・ノイヌとは

 ペットとして人気の高い犬や猫ですが、心ない飼い主に捨てられるなどして野生化してしまった犬や猫を、ノネコ・ノイヌと呼んでいます。

ノネコ
ノイヌ

ノネコ・ノイヌが引き起こす問題

ノネコやノイヌは、下の絵のように、様々な問題を引き起こします。

ノネコ・ノイヌが引き起こす問題
イラスト/猫丸かおる

取り組み~ノネコ・ノイヌの防除~

 環境省は2001年度、沖縄県は2002年度から、人里から離れた山林内で野生化したノネコの捕獲・排除を実施しています。また、集落周辺で放し飼いされているネコや飼い主不明のネコについては、国頭村、大宜味村、東村が捕獲や飼い主への指導を行っています。ノネコの捕獲数は年々減少していますが、集落周辺の飼い主不明のネコはまだまだ多い状況です。

ノネコ捕獲個体数の推移

ネコの愛護及び管理に関する条例

 国頭村、大宜味村、東村では、ノネコ・ノイヌが増えるのを防ぐために、飼いネコの登録を義務付ける条例を2005年度に施行しました(「ネコの愛護及び管理に関する条例」)。以下がその主な内容です。

1.ネコを飼っていることを村に知らせて、村から飼養登録証をもらわなければなりません。
2.飼っているネコが他のネコと識別できるようにマイクロチップの埋め込みを行わなければいけません。
3.避妊・去勢手術などによって、ネコが繁殖し増加するのを抑制しましょう。
4.自分が飼っていないネコに対し、みだりに餌や水などを与えてはいけません。
5.ネコは室内で飼育し、放し飼いはしないようにしましょう。

詳しい情報はこちらの資料もご覧ください。