Yambaru Wildlife Conservation Center
Ufugi Nature Museum

やんばる国立公園

見どころ

へど辺戸みさき

沖縄本島最北端に位置し、隆起したサンゴ礁の断崖絶壁から太平洋と東シナ海の海原を一望することができます。好天の日は、鹿児島県の与論島や沖永良部島を望むことができます。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館
から国道58号を経由し車で約30分(22km)

だいせきりんざん大石林山

2億5千万年前の石灰岩層が隆起してできたカルスト地形に位置し、トレッキングやガジュマルなどの亜熱帯植物の観察、雄大な景観を楽しむことができます。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館から国道58号を経由し車で約30分(20km)

くにがみそん国頭村環境教育センター やんばる学びの森

照葉樹林に囲まれ野生動植物を観察することができ、やんばるの森の豊かさを感じられる場所です。ネイチャートレイルでのガイドウォークや、カヌーツアー、バードウォッチングツアーなどが提供されています。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館から国道58号、県道2号線を経由し車で約30分(20km)

ひじ比地おおたき大滝

沖縄本島一の落差を誇る滝です。滝までのトレッキングでは、ヒカゲヘゴやイルカンダなど亜熱帯特有の植物やノグチゲラやホントウアカヒゲなどを観察する事ができます。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館から入場口まで車で約5分(2km) 

よなは与那覇だけ

沖縄本島最高峰(標高503m)の山です。登山道はゆるやかで、道中ではやんばるの森の美しさや、生き物の多様性を感じることができます。ガイドを同行した利用が推奨されています。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館から登山口まで車で約17分(6km) 

しおや塩屋わん

沖縄八景のひとつに選定されている景勝地です。塩屋湾で行われる豊年祈願行事「ウンガミ(海神祭)」は1997年に国の重要無形民俗文化財に指定されています。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館から国道58号、国道331号線を経由し車で約15分(12km)

ターたき

平南川の上流にある落差10m程度の滝です。シダ植物など亜熱帯特有の植物が見られ、リュウキュウハグロトンボやテナガエビなど多くの生き物たちを観察することができます。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館から入り口まで国道58号線を経由し車で約30分(18km)

げさし慶佐次わんのヒルギりん

慶佐次川河口約10haに広がる、沖縄本島最大のヒルギ林(マングローブ)です。ヒルギ林を観察しながらのトレッキングや、カヌーを楽しむことができます。

アクセス

やんばる野生生物保護センターウフギー自然館から国道58号、国道331号線を経由し車で約35分(24km)