Yambaru Wildlife Conservation Center
Ufugi Nature Museum

「やんばる」とは?

やんばる自然体験活動協議会について

やんばる自然体験活動協議会

「やんばる自然体験活動協議会」とは

 やんばる地域の自然環境保全と活用に資する諸活動を円滑に推進するため、やんばる野生生物保護センター「ウフギー自然館」の円滑な管理運営を図るとともに、その有効な利用を推進し、もってやんばる地域における自然体験活動に対する3村(国頭村、大宜味村、東村)連携と住民参加を促進し、自然環境の保全と活用の両立及び地域振興に寄与することを目的とし、平成11年に設立された組織です。

協議会構成機関:環境省沖縄奄美自然環境事務所、沖縄県環境部、国頭村、大宜味村、東村

活動内容

上記目的を達成するために、ウフギー自然館を拠点として、主に次の活動を行っています。

(1)世界自然遺産候補地の遺産価値及びやんばる地域の自然環境に関する解説。
(2)世界自然遺産候補地及び周辺地域の自然環境の保全、文化の継承、地域振興、環境教育及び利活用ルール等に関する普及啓発。
(3)自然解説技術に関する資質向上のための協議会構成機関及び関係団体等に対する研修の実施。

これまでの取り組み

(1)自然観察会
 やんばる地域の動物や植物について楽しく学び、実際にフィールドに出かけて観察する観察会を開催しています。

森の観察会
海の観察会
猪垣観察会

(2)講演会
 やんばる地域の自然等を調査研究している研究者等を講師として、最新の知見についてお話していただく講演会を開催しています。

リュウキュウコノハズクの
講演会
やんばるのコウモリと
ネズミのおはなし
ウミガメゆんたく会

(3)研修会の実施
 適切な情報発信に寄与するため、関係団体等への研修を実施しています。

講師による講義と
グループワークのようす
オンライン講義と
グループワークのようす
現地研修のようす

(4)学校と連携した活動
 やんばる地域の子どもたちに、住んでいる地域の自然や文化をもっと知ってもらい、考える機会を増やしていくために、地域の学校と連携した活動を実施しています。

朝の読み聞かせ会
出張授業
高校生とアジサシ観察会

(5)普及啓発
 協議会の活動の推進ややんばる地域の自然環境保全に寄与するためにいただいた協力金への記念品として、やんばる地域の自然環境に関する頒布物を作成しています。これらはウフギー自然館にて入手可能です。

頒布物のご案内

 やんばる自然体験活動協議会では、やんばる地域の自然環境に親しむのに役立つ資料を作成・発行しています。こちらの資料は、ウフギー自然館等で入手可能です。ぜひご活用下さい。

【改定版】やんばる生きもの図鑑

 やんばるで見られる生きものをイラストで紹介した図鑑。植物や昆虫、鳥など206種類を掲載しています。野外でも手軽に持ち歩き、活用できる便利な1冊です。協力金500円で頒布しています。

やんばる自然のあしび手帳

 自然・文化といったやんばるの魅力が詰まったガイドブック。掲載されたルール・マナーを守り、自然体験や集落散策など「やんばるあしび(遊び)」を楽しみましょう。協力金200円で頒布しています。

オキナワイシカワガエル
リュウキュウヤマガメ
ヤンバルクイナ
ストップロードキル啓発ペーパー
ストップロードキルマグネット

 やんばる地域の道路は、野生の生きものも利用しています。彼らに配慮した安全運転をお願いするロードキル防止啓発のためのマグネット。1枚協力金400円で頒布しています。