ウフギー自然館は現在閉館中です

「やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館」は、
「やんばる世界遺産センター ウフギー自然館」に改修します。

改修工事のため、令和6年5月6日(月)から閉館し、
リニューアルオープンは令和7年7月以降を予定しています。

※リニューアルオープンの時期については、決定次第お知らせします。

Yambaru Wildlife Conservation Center
Ufugi Nature Museum

お問合せ

よくある質問

●傷ついた生き物をみつけたら

Q 傷ついている、死んでいるいきものを見つけたときはどうしたらいいですか?

まずは当センターにご連絡ください。感染症やご自身が怪我される可能性もあるため直接手では触れないようにしましょう。
状況によっては、発見された方に対応(道路わきへの移動、当センターや動物病院への搬送など)をお願いすることもあります。その際はご協力をお願いします。
やんばる野生生物保護センター電話:0980-50-1025(受付 8:30 – 17:15)
クイナダイヤル:090−6857−8917

●施設の利用について

Q 開館時間を教えてください。

午前10時から午後4時30分です。
休館日は月曜・祝日(みどりの日、こどもの日を除く)、慰霊の日(6/23)、年末年始(12/29~1/3)です。

詳しくは「開館日・開館時間」をご覧ください。

Q 駐車場はありますか?

普通自動車42台(車いす使用者用駐車場2台を含む)と大型バス2台分の駐車スペースがあります。

Q 入館料はいくらですか?

無料です。

Q 交通手段、所要時間を教えてください。

自動車または路線バスの利用をおすすめします。
那覇市内から約2時間、名護市から約40分です。

詳しくは「交通アクセス」をご覧ください。

Q 最寄りのバス停はどこですか?

道の駅ゆいゆい国頭前の「奥間ビーチ入口」です。
そこから徒歩で約15分です。

Q 生きているヤンバルクイナを見学することはできますか?

見学することはできません。
生体は、安田くいなふれあい公園(ヤンバルクイナ生態展示学習施設)で見学することができます。県道2号線や県道70号線は野生動物の交通事故が多いため、道路の速度標識に従い、安全運転をお願いします。

Q 団体利用はできますか?

できます。
団体でのご利用には、事前の申し込みをお願いしております。

詳しくは「来館予約」をご覧ください。

Q どのくらいの時間で館内を見て回れますか?

約30分です。

Q 館内の撮影はできますか?

可能です。
メディア等取材の場合は事前にご相談ください。

Q 屋外の施設は見学できますか?

屋外には見学できる施設はございません。

Q 多目的トイレはありますか?

あります。
トイレ内にはベビーチェアとおむつ交換台もあります。

Q ゴミを捨てることはできますか?

できません。ゴミの持ち帰りにご協力ください。

Q 近くに自動販売機はありますか?

ありません。近隣の「道の駅ゆいゆい国頭」やコンビニエンスストアをご利用ください。

Q やんばるのいきものグッズは買えますか?

やんばるの自然環境保全に関する普及啓発活動等への協力金への記念品として、マグネットなどを頒布しています。

詳しくは「やんばる自然体験活動協議会について」をご覧ください。

●やんばるを知り楽しみたい

Q センターの周辺でほかに自然を楽しめるところはありますか?

比地大滝や国頭村森林公園、ガイドを伴った与那覇岳登山が楽しめます。

※ガイドのあっせん業務は行っておりません。

※奥間川の利用など当センター見学以外の目的でのセンター駐車場及び施設(トイレ等)のご使用はご遠慮ください。

詳しくは「見どころ」をご覧ください。

Q 野生のヤンバルクイナやノグチゲラはどこで見られますか?

種の保全のため、生息情報は公表しておりません。
もし道中で見かけたら、そっと見守ってください。